STTA planning

沖縄から世界へオリジナルな快適空間を創造する企画 & 設計のデザイン事務所

Contact us
top
news
concept
services
works
company
staff
word
recruit
links


トータルリビングショウへの道

このコーナーでは、気になる商品、製品、情報などの紹介します。
メジャーなブランドものから、沖縄の手作り商品、果ては、趣味のからんだものまで??オモシロイなと思ったものを好き勝手に、紹介していきます。


岩盤浴

情報提供者→スタッフ(SAITOU)

ダイエット出納帳最近、街中でよく見かける「岩盤浴」。皆さん、体験されたことはありますか?

岩盤浴とは温められた天然石の上に寝て、多量の汗をかくという温石療法のこと。発汗作用が高いため 、新陳代謝を高め、老廃物を排出し、美容、健康、ダイエット、疲労回復に効果があるといわれています。使用される天然石の種類には、ブラックシリカ、ラジウム鉱石、セラミック、天照石、麦飯石…など、いろいろ種類があるようです。

利用者は、浴室に入る前に水分補給した後、浴衣などを着たまま、岩盤の上にバスタオルなどを敷いて、うつ伏せ、仰向けと体型を変えて15〜20分ぐらい横たわります。そして、この後、休憩をはさむという一連の動作を、1〜3回繰り返すというのが、基本的な入浴方法です。

今回、ホテルサン沖縄様の岩盤浴場のデザイン&コーディネートを担当させていただくにあたり、岩盤浴をいくつか回って、研究してきたと自負する?当社スタッフ齋藤によると、「岩盤浴では、サラサラの汗が出て、終わったあと本当にすっきりする」とか。特に冬場は、「浴場を出た後も、ずっと身体がポカポカして病み付きになりそうだ」とのことです。ただ、沖縄では男女一緒というところが多く、存分にリラックスできないという部分があったため、(確かに、汗でトロトロ?になった姿は、殿方にはあまり見せたくはないかも??)今回、ホテルサン沖縄様の岩盤浴『シュタインテラピー』では、女性専用の休憩室を提案。見事、実現しています!(パチパチ)

この他にも、岩盤浴関連のお仕事が進行中のスタプランニング社内では、今、岩盤浴が密かな?ブームとなっています。
体験したことがないという方、ぜひ、一度試してみてください。運動不足の方には、ほんとオススメだと思いますよ。

ホテルサン沖縄様 岩盤浴『シュタインテラピー』 問い合わせ先:098-866-1114
http://www.hotel-sunokinawa.co.jp/

ダイエット出納帳

情報提供者→当社社長

ダイエット出納帳今回、ご紹介するのは『ダイエット出納帳』。

「ダイエットぉ?そんなの若い娘がやることだから関係ないよー」と思ったあなた、甘いです! 沖縄が日本一の肥満県というのは、今や周知の事実。沖縄県では20代、40代、50代の肥満者の割合が全国の倍近くになっているんですよ。特に問題なのが、この世代の男性。1995年から2000年の5年間の間に、それまで全国トップ5に入っていた男性の平均寿命が26位に急落したのも、心筋梗塞や脳卒中など、肥満により引き起こされたと思われる突然死が要因のひとつだとか。

そんな沖縄県人男性のひとりである某社長が、やりはじめたのが、コレ。『ダイエット出納帳』。簡単に説明すると、要は毎日のカロリー摂取量と消費量を記録していくというもの。ただし、カロリー数やら何やらがわからなくても、きちんと記録していけるようにつくられているところがミソなんですねー。この出納帳では、子供から、しちめんどくさいことが苦手な年輩の男性でも自分に必要な一日の食事量が、とっても簡単にわかるようになっています。

まずは、3ヶ月。

何事もやってみなくては始まりません。沖縄県民の皆さま、ダイエットに励み、手帳の表紙にも書いてある「長寿県復活」を目指そうではありませんか。

『ダイエット出納帳』問い合わせ先: 太陽企画(健康管理士事務所)
TEL・FAX 098-833-5541

大航海レキオス
情報提供者→当社社長&Fuu

大航海レキオスこのコーナーに久々の情報掲載です。(9ヶ月ぶりぐらい?)

今月18日(土)に、パレット市民劇場で、『大航海レキオス』
が上演されます。ご存じの方も多いと思いますが、演出は平田大一さん、監修は宮本亜門さん。

スタプランニングでは、『肝高の阿麻和利』を見て以来、スタッフの中に平田さんのファンが続出。『肝高の阿麻和利』は、2回も見に行ったスタッフもいたほど。

→参考『スタプラスタッフのひとりごと」のコーナー
 http://www.stta-p.com/web/08word.htm#050331
 http://www.stta-p.com/web/08word.htm#050510

その平田さんの新しい舞台がまた見れるんです。 今回は、どうやら、大航海時代の沖縄が舞台のよう。ちなみに、不勉強で知らなかったのですが、“レキオス”とは、交易相手だったポルトガル人が、当時の琉球の人々に敬意と親しみをこめてつけた呼び名だったんですねー。前々から、言葉の響きが素敵で気になってたんですけど、ポルトガル語だったとは!

そんなこんなで、今回も、この舞台を通じて、新たに沖縄のいろんなことを知ることができそうで、今からわくわくしています。(今回も、子供たちの真剣な演技にノックアウトされそーな予感 ?? )

平田さんの舞台はほんとオススメです。まだ見てない方、会場で、ご一緒しましょー。 心が洗われること間違いなしですよ。

問い合わせ先: TAO Factory 
http://www.tao-factory.com

ノンフォッシルボード
情報提供者→当社 課長

ノンフォッシルボード 猛暑といわれている今年の夏。
なんでも、「エルニーニョもどき」と呼ばれる太平洋中央部の水温上昇が原因らしいですね。でも、それだけでなく、以前から、二酸化炭素増加による地球の温暖化、人工排熱の増加による都市のヒートアイランド化現象は
大きな問題になっています。
そんな中、注目され始めたのが、苔(モス)。この『ノンフォッシルボード』は、苔を、ボード、ストーンに貼り付け製品化したもので、屋上緑化、壁面緑化が実現できる建材なんです。断熱性、保温性能が高いためヒートアイランド抑制、及び省エネルギーに貢献できるとか。課長が『建築リフォーム・リニューアル&コンバージョン展』で見つけてきました。そんなわけで、スタプラ事務所内でも、ただ今、この苔を育成中! 今後の生育結果はまたお知らせしますね〜。

取扱先: モスキャチシステムサービス
http://www2.big.or.jp/~moscatch/

チェアボート(CHAIR BOAT)
情報提供者→当社 社長

チェアボート←これ、一体何だと思います?
実は、
海辺で自由に遊べるビーチ対応の車いすなんです。 砂浜では軽々と動き回り、海中ではタイヤがフロート代わりになって、浮かぶという水陸両用の車イス。その名も『チェアボート』
平成15年には文部科学大臣賞を受賞しているという優れものらしいです。
波の上ビーチにも置いてあるらしいので、機会があったら、実物見てこよーと思います。

カラーの本棚連絡先: 合資会社 大名鉄工
沖縄県尻郡南風原町字大名297番地
TEL:098-889-5980